参議院選挙公示

参議院選挙が公示されました。選挙は国政選挙(補欠選挙は除く)は「公示」その他の選挙は「告示」なのです。それはともかく、1年2か月前には自分の選挙があり、市議会議員として政治家にならせていただきました。選挙となれば政治家として様々な関わりもでてきていますので、それなりの活動をしています。私は政党には所属していませんが、選挙区では「森ゆうこ」さん、比例区では「田中なおき」さんの選挙に関わらせてもらっています。今までにも多くの集会や選挙準備に参加し、市議会議員選挙とは比べ物にならないくらいの組織が必要なことを感じました。市議会議員選挙でもしっかりと地盤を固め、自分のために動いてくださる方を増やし、人の輪を広げていくような選挙を、どう具体的に組織立って行うのかを今から考えなければならないと思いました。

今日はまず、選挙ポスターを掲示板に貼る作業を手伝いました。自分の選挙の時は後援会の方々にお願いしていましたので、実際に選挙ポスターを掲示板に貼る作業は初めてでした。晴れていましたので、掲示板も乾いていて裏面のシールもしっかりと貼り付きました。案外うまく貼れたと思います。

午後2時からは「森ゆうこ」さんの街頭演説でした。フォンジェ前にかなりの人が集まりました。演説を聞きに来てくださった方は女性が多く、スタッフも女性が多かったので華やかな感じでした。主張もしっかりと伝わったと思います。県内すべてを7月9日までの間に回るわけですから、1か所にかけられる時間は限られています。選対本部が適切に時間配分をして、わずかな時間を有効に使えるように考えています。こういう仕事が適切にできる人がいる陣営は強いと思いました。

午後3時30分からは「田中なおき」さんの街頭演説でした。森さんと同じフォンジェ前で行いました。田中眞紀子奥様も同行されていたので、報道の数はすごかったですし、奥様を取材していた時間の方が長かったかもしれません。人気はすごいです。しかし、聞きに来てくださった方は、なおき候補者の演説にうなずき、声援を送っていました。田中さんは比例区ですから森さんよりもずっと広い地区を回らなけらばならないのですが、今回の選挙の第一声を柏崎で上げたのです。それだけ柏崎に対する思いが強いのだと思います。会田市長も応援演説の中で、柏崎市民である田中なおきさんを応援していると話していました。

いずれにしても、国民(市民)の声を真摯に聞き、受け止め、それを国政に生かしていく、国民の声を聴かずしての政治などあり得ない、ということを両議員とも話していました。

選挙区には森さん以外に2名の方も立候補されており、それぞれに演説会も予定されていると思います。また、比例区でも柏崎に来られる候補者もいると思います。7月10日の選挙には、必ず投票に行ってほしいと思います。今選挙から18歳以上の方に選挙権があります。若い方からもぜひ、いろいろな情報を得て、ご自身の意志で決め、しっかりと投票してほしいと思います。

#参議院選挙

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。