一般質問の項目

明後日8日(水)から一般質問が行われます。今回は18人の議員が質問しますので、3日間で一日6名ずつの質問になります。私は明後日8日(水)の11時頃からの質問になります。その項目を以下に記します。

1 柏崎市の人権教育について (1)柏崎市としての人権教育の必要性の認識 (要旨)①学校で子どもたちに指導するだけではなく、一般に人権問題を解消していくために市民に啓発したり、制度等により人権を保護したり、いろいろな手続き等の時に不快な気持ちを抱かずにすむようにしたりしていくことが大切ではないかと考える。柏崎市における人権問題解消のための人権教育の必要性をどう認識しているのか、具体的に感じている人権問題に関わるような場面があったらそれとの関連を含めて、教えてほしい。②新潟県あるいは柏崎市としての同和教育の受け止めを確認させてほしい。 (2)学校教育における人権教育の基本姿勢 (要旨)①なぜ新潟県の学校教育では人権教育の中で同和教育が中核になっているのか、柏崎市においての同和問題の実態などを含め、柏崎市での人権教育の基本姿勢を教えてほしい。②柏崎市での同和教育に関した「寝た子を起こすな論」についての見解を聞かせてほしい。 (3)学校教育における人権教育の取り組みの実践状況と方向性 (要旨)いじめ防止を含め、人権教育の取り組みの具体的な実践状況と、今後取り組んでいこうとしている方向性について教えてほしい。 (4)人権問題の解消に向けての柏崎市の取り組みの方向性 (要旨)柏崎市として今後、人権問題の解消に向けて取り組もうとしていること、啓発活動や具体的取り組みについて、また、その方向性についての考えを聞かせてほしい。LGBTに対する理解の促進や配慮事項なども含めて聞かせてほしい。

2 教職員の多忙化解消 (1)教職員の出退校簿作成の経緯と作成にあたっての指導事項 (要旨)教職員の出退校簿作成の経緯およびその作成にあたって教育委員会からの指導事項を確認。 (2)教職員の勤務時間の管理の方向性 (要旨)教職員の出退校簿の作成により時間外労働時間は把握できる。出退校簿は現在校長の管理で止まっている。今後は一人一人の労働時間の管理を教育委員会で行う方向なのか、また、時間の管理をした場合、残業時間が多すぎる教職員へはどのような働きかけをしていくのか、教えてほしい。 (3)部活動指導等の取り組みの方向性 (要旨)全国的にも話題になっているので、部活動指導の在り方については国や県の動向を確認しながらではあると思うが、柏崎市として社会体育との連携の在り方を含め、市独自の取り組みを考えていくことも必要ではないかと思う。新潟県としては来年度にも「部活動の在り方検討委員会」の設置を検討するなど、教職員が本来重点的に行うべき職務にかける時間を増やせるようなシステムを考え始めている。現時点での柏崎市としての部活動等への取り組みの方向性を教えてほしい。

傍聴ができなくても、ネット中継やFMピッカラでの放送でご覧になったりお聞きいただけると幸いです。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

Copyright©2017 柏崎市議会議員 重野正毅 公式ホームページ All Rights Reserved.