市内中学校の入学式

今日は柏崎市立の中学校の入学式が行われました。母校でもあり、所属地区でもある柏崎市立第一中学校の入学式に参列しました。今年度は65名の新入生があり、全校でちょうど200名とのことでした。新入生の元気のいい返事、2・3年生による大きな声での校歌斉唱、いい学校です。

入学式の中、在校生による歓迎の言葉がありました。そこで代表生徒が「…時を守り、場を清め、礼を尽くす…」という言葉を話しました。この言葉は、部活や学級指導の中で教師が子どもたちに話すことはよくあります、というか、私はよく話していました。それが子どもの中から、上級生が下級生に対しての言葉として使われたということは、それだけ先生方からの指導が一中では子どもたちに浸み込んでいるという感じがしたのです。先生をはじめとする大人を尊敬し、素直に受け止めていこうとする気持ちは、さらなる子どもたちの飛躍を感じさせ、素晴らしいと思いました。子どもたちが健全に育っていくためには、自分の能力を精一杯高めようとするのには、周りへの感謝を大事にするためには、先生や地域の方からの指導だけでは十分ではありません。子どもたち同士がお互いに話し合い、支え合っていく中でそれらは磨かれていくものです。

今日入学した中学1年生が3年後卒業するときには、きっと大きく成長した姿を見せてくれることだと思います。先生方、保護者の皆様、地域の皆様、よろしくお願いします。

東京では桜の満開宣言が出ているようですが、柏崎ではまだのようです。家の近くの桜の木は枝もピンクに色づき、間もなく花を咲かせると感じられます。桜は花が咲く直前の木は、ピンク色に見えるのです。週末の天気が心配ですが、週明けに期待しています。

#入学式 #中学校

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

Copyright©2017 柏崎市議会議員 重野正毅 公式ホームページ All Rights Reserved.