直してほしい…柏崎中央海岸

今日、同じ中央地区選出の柄沢議員の誘いで、柄沢議員、三井田議員と私で柏崎中央海岸の現状を確認してきました。鵜川の河口から北園町のテレビ塔前の潮風公園の終わりまでの海岸沿いと公園内を見て回りました。見てみると、早急に直さなければならないところがいくつもありました。これから海水浴や海のレジャーのシーズンに入りますし、7月下旬には大花火が打ちあがります。危険がありますし、柏崎の評判を落とすことにもつながるものもありました。早急に対応をお願いします。

私が議員になりたての2年前からこの海岸沿いの潮風公園の整備について訴えてきました。市の当局の方、主に維持管理課の方、との話では、この海岸や公園の場所は防風林となっており市のものではないため、市の都合で簡単に手をつけることはできない、旨の内容でした。そのためか、2年近く前に私がお願いした、潮風公園内の「東屋」への標示板や、潮風公園への「入口」への標示板など、その設置は遅々として進んでいない状況です。

市の庁内の横ぐしもそうですが、市と県と国の取り組みについてももっと横ぐしを入れないと大変なことになりかねません。私がお願いした標示板は、公園内で倒れた人が自分の居場所を伝えられず大変だったことがあったため、場所を正確に伝えるために必要だと考えてお願いしたのです。このように、市民が危険だから早く改善してほしいというような要望を出しても、それは県と相談してからとか国の許可を待ってからといって対応が遅くなってしまったがために、大きな事故が発生したら誰がどう責任を取るのでしょうか。

市民にとって市内にある施設や場所は誰の管理とかに関係なく、危険がなく利用しやすいようにしてほしいと考え、それをまずは市の当局に伝えます。役所の都合でその要望がたらいまわしになったり、時間がかかりすぎることがないようにしなければなりませんよね。市民ファーストとはそういうところからではないでしょうか。

以下、直してほしい場所の写真です。

海岸沿いの柵です。潮風公園から海に出たところはこういう状態の柵がいたる所にあります。花火の時にはここにも見学者が来ます。危険だと思います。ここ1か所がこうなっているわけではなく、かなり長い部分がこうなっています。

潮風公園への入口(栄町の)から入ったところの駐車場にある標示板です。一部が剥がれ落ちて、残っているところの上の部分も今にも落ちそうな状態です。

駅前からずっと海岸に続く道、アクアパークと中央コミセンの間の道を海岸に向かってきて、信号を渡った駐車場に立っている看板です。「柏崎市建設部維持管理課」なんていつの時代のものなのでしょう。「潮風コート」でよかったのかな?いくつも上から書き直している部分もあります。

夕陽のドームの駐車場、鵜川の河口から橋を渡るところに立っている案内板です。期間限定とありますが、「イルカウォッチ」はいまだに行っているのでしょうか。「観光船等発着所」 とありますが、観光船もやっているのでしょうか。この表示は道からは見えず、駐車場に入った方が見るものではありますが、市外から来られたお客さんが問い合わせたときに、がっかりさせない対応をとっているのでしょうか。

#中央海岸

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。