米山町では竜巻発生?!

先週末から今週23日にかけての台風被害は、柏崎市内でもあまり大きくないという認識でしたが、今日、米山町の方から話を聞き、米山町内では大変な被害が出ていることが分かりました。

23日(月)は大風・雨のため市内の小中学校は全て休校になりました。その日の未明、米山町では「竜巻」によるものではないかと思われる被害が発生していました。発生してから2日経ちましたので、一見被害がなかったのでは、と思われるところも、実はすでに片づけた後でした。

こんな被害があったそうです。米山町でも局地的な被害でした。

・町内から海に向かって「府中屋」さんから右手側(柏崎側)のところの被害が大きかった。

・瓦が飛んだ。(2軒以上の住宅)

・瓦が浮いている。

・屋根のトタンが飛んだ。浮いていてはがれそう。

・壁がはがれた。

・小屋が飛んだ。(3つ以上の小屋)→1つの小屋を除き、すでに片づけられていた

・小屋の屋根が飛んだ。

・メイン道路沿いの大きな桜の木が折れた。→道路側に倒れたので、切断され片付けられていた

・車庫の扉が全面飛び散った。

・車が傷ついた。(瓦、トタン、その他が飛んできて)

・玄関前の風除室が丸ごと飛んで行った。

・窓ガラスが割れた。(かなりの窓)→すでに入れてもらってあった

・窓が壊れたので雨が吹き込み、畳、布団、ベッド、など使い物にならない。

・防風のための木のフェンスが倒れた。

・畑の柵、ネットなどが倒れ、農作物への被害があった。

不幸中の幸い、人への被害はなかったとのことです。被害があった方々に話をお聞きしたところ、「竜巻のような被害は2回目、でもこんなすごい風は初めてだった」「夜明け前だったから怖くて家に閉じこもっていた」「米山町は柏崎と認められていないのか、報道もされてなければ、知っている人もいないのではないか」「市の職員は月曜日に見に来たけど、確認しただけで終わった」「局部的だし、補償や見舞金も出ないのは分かっているけど、やるせない」「入っている保険でも対応できないというので、昨日保険をやめた」「瓦が飛んでしまったけど、その下に雨がしみこまないようなカバーが入っているというので、雨漏りはしばらく大丈夫だと思う」「いつもと風の向きが違ったから、防風柵が倒れた」「見に来てくれてありがとう」・・・聞く方聞く方、被害の場所を案内してくださったり、状況を説明してくださるとともに、やるせない気持ちを語ってくださいました。お一人くらしの高齢者の方は、よほど心細かったのか、涙ぐみながらお話を聞かせてくださいました。

私としても聞くことしかできませんでしたが、皆様の気持ちは受け止めさせていただきました。市の担当は確認に来ているとのことですが、もっと広く知ってほしいと思いますので、多くの方に伝えていきたいと思います。今回、被害を受けた皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

上にも記しましたが、すでに片づけが終わっているところが多く、一見被害が小さいようではありましたが、住民の皆さんの片付け行動が早かっただけで、被害の大きさは先日7月3日頃の被害と変わらないと思いました。私は確認させていただいただけで、その場では何の力も出せませんでしたが、この状況などを多くの市民に伝え、災害対策強化に努めていきたいと思います。

特に、電話線が切られて、外との連絡がつかないお宅があったり、米山地区全体で防災行政無線が鳴らなかった時間帯があったようなので、こういう時の対策を考えておかなければならないと思いました。情報がないことは人々を不安にさせます。想定していなかった、という状況がないようにしておかなければなりません。

今回の米山町地区の状況の確認に市議会議員が一人でも行った、ということが住民の皆様にある程度の安心感をもってもらえたのであれば、よかったと思います。

早い復旧を願っています。

#米山町

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

Copyright©2017 柏崎市議会議員 重野正毅 公式ホームページ All Rights Reserved.