April 11, 2020

March 29, 2020

February 25, 2020

February 16, 2020

Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

一般質問の項目

March 4, 2018

今週7日から9日に一般質問が行われます。今回は17人の議員による一般質問があります。一般質問の順番は原則、通告を提出した順番です。ですから、私は4番目に提出したので7日の午後2時頃からの出番になります。・・・と、いうようなことは先日記しました。

以下は私の今回の一般質問の項目です。

 

1 持続可能な開発目標(SDGs)の達成について

(1)柏崎市としての所見

(要旨)国レベルでの取り組みではあるのですが、自治体の取り組みなくしてはその達成はありませんし、自治体としてもSDGsの視点で各計画を見直し、政策に落とし込んでいくことが必要だと考えます。また、自治体としてSDGs推進に取り組む意義やメリットもあるとされています。柏崎市としてのSDGsに対しての所見およびSDGsへの関わり方の方向性や取り組み。

 

(2)持続可能な開発のための教育(ESD)と柏崎の教育

ア 教育委員会としてのESDに対する所見

(要旨)ESDとは、これらの現代社会の課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出すこと、そしてそれによって持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。柏崎市では2010年に北鯖石小学校がこのESDの理念にのっとり、教育活動を見直し、再編成することで2011年にユネスコスクールに認定されました。

 

イ 今後ESDをさらに広げていく考えがあるか

(要旨)ESDの理念は現在の教育活動にふさわしいものではないかと考えます。ただ単に持続可能な開発に関する価値観である人権の尊重や多様性の尊重だけでなく、体系的な思考力、コミュニケーション能力などを育むための教育とされています。2010年当時、教育委員会として市内の学校にその取り組みを推進しようとしたように、今後ESDをさらに広げていく考えがあるのか。

 

ウ 柏崎学との関連

(要旨)このESDは地球規模の広がりをもつものではありますが、その導入はやはり地元の理解、課題解決からだと考えます。それは「柏崎学」につながってくるものです。ESDあるいはSDGsの理念を含めての子どもたちへのこれらの理念の定着を図る上での柏崎学の充実に対しての考え。

 

2 小中学校のフッ化物洗口について

(1)実施にあたっての学校での様子

(要旨)現在、フッ化物洗口を行っている子どもたちの割合と行っていない子どもたちの理由および実施にあたっての感想。実施して以降、フッ化物洗口でのトラブル等の状況。また、フッ化物洗口を行っている子どもたちの割合を教育委員会としてはどのように受け止めていて、来年度に向けてどうしていきたいのか。

 

(2)フッ化物洗口に関わる教職員への指導と補助

(要旨)教育委員会としてフッ化物洗口についての指導や啓発を教職員あるいは児童生徒保護者へどう行っていく予定なのか。今年度配置された補助員等ですが、来年度の補助員の配置や実施の経験のない教職員が学校内の担当者になった場合のサポート体制について、どうしていく方向なのか。

 

(3)フッ化物洗口の検証

(要旨)昨年度、実施する際に、実施してからも様々な面から検証を行う旨の話がありました。このフッ化物洗口についての検証とは、いつどのように行っていくと考えているのか。

 

3 シティセールスとしての明治150年記念等について

(1)桑名市との都市間の友好関係の構築

(要旨)今年は明治150年の節目の年です。柏崎としてもその当時歴史に刻むような動きもありました。また、シティセールスでは名産品やイベントだけでなく、歴史やよさをもっと発信していこうとしています。桑名市との友好都市の締結とは言いませんが、災害時の相互応援協定以外に、今まで以上に、都市間の友好を深めていくことは考えられるのか。

 

(2)柏崎特派員の設置

(要旨)市民や柏崎ファンクラブ会員による発信の取り組みをより進化させた「柏崎特派員」を設置し、柏崎のよさの発掘とその発信を強化していく取り組みを考えてみてはいかがか。ファンクラブ会員になったとしても受動的な会員ではなく、もっと能動的に積極的な活動が可能な方もいると思う。

 

1日の代表質問に関連する項目もありますので、より詳細、また別の視点での質問にしていきたいと考えています。

 

今日も昨日に引き続き大変いい天気でした。海の向こうには佐渡が見えていました。佐渡が見えることは珍しいことではないのですが、佐渡の山、雪化粧した佐渡の山々を見ることはあまりないことだと思います。佐渡の山に雪が積もっている冬季間は天気もよくないことが多く、どんよりしているため、めったに見れなかったと思います。今まではあまりそういうことを意識していなかったためなのか、実は佐渡の雪化粧をした山を見たのは私にとって初めてのことでした。その山を見ていたら佐渡の方々は本州の様子をどう見ているのかについて興味が出てきました。きっと今日は、佐渡の方も新潟の雪山を見ていたことだと思います。

 

 

 

Please reload