総務常任委員会県外視察3日目は中止

今日は3日目で富山県南砺市へ訪問する予定でしたが、台風による大雨で南砺市に向かう電車が動かず、残念ながら視察が中止になりました。九州四国や関西方面での被害は相当のようですが、昨日泊った高岡市はそんなにひどい降りではありませんでした。しかし、近辺はかなりの雨量のようで、朝から南砺市方面へのJRは全て運休になったのです。

今までにこのような災害での委員会視察の中止はなかったようで、随行してくださった議会事務局の尾崎さんには大変なご苦労をおかけしました。切符の変更やらいろいろな手続きへの対応をありがとうございました。

南砺市にはまた別の機会に訪問し、勉強させていただきたいと思います。

今日の視察中止は残念でしたが、昨日までの2日間3か所の視察はそれぞれの自治体の特徴があり、勉強になりました。正直、柏崎市と似たような環境にある自治体だったとはいえませんが、その自治体における課題解決に向けたアイディア、市長や市の職員の心意気など学ぶことが多くありました。

人口が増えるとなると行政の事業だけということは難しく、大型商業施設の開業や近隣の大都市への移動道路の拡幅など、外部の要因が大きいことも確かだと思います。しかし、柏崎でそのような外部の要因に期待していてもかなうことはないように思います。ですから、柏崎市としてもっている潜在的な力というか、まだ認知が広がっていない「よさ」を開発し全国に発信していくとともに、市民全員として「成長型社会」を目指し、過去のようなにぎわいを再び、というような幻想に惑わされることなく、「成熟型社会」として人口にしても右肩下がりを受け止め、その中でも豊かな生活とは何かを考えていくような、いわゆる持続可能なまちづくりを進めていく時代なのかと思います。

#総務県外視察

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。