新会派「柏盛クラブ」を結成

今日、会派届を提出してきました。先日、これまで所属していた会派「柏崎のみらい」を離れるということをここで記しました。その後、何人かの議員と懇談する機会がありました。そうした中で、無所属でいるのではなく、三宮議員と2人で、新しい会派を結成することにしました。

会派を離れるにあたっては、それまでの会派の方々との人間関係が悪くなったり意見の対立があったりしたわけではないということは先日記した通りです。私自身が市民の皆様と交流していく上で、より立場を固定せず、例えば今任期中にも判断されるであろう原発問題に関しても、率直な意見交換をしていくことが必要ではないかと判断したからです。

三宮議員とは前回一緒に議員となった同期であり、年齢も同じ、政党には所属していないなどという共通点が多いこともあり、率直な意見交換がこれまでもできていました。市民第一とすることや議会本来の機能を十分発揮させられるためにどうしていくべきなのかなどの考え方も同じであるため、会派を結成することにも障害はありませんでした。

このたびの選挙戦を通して市民の皆様からはいろいろな「声」をいただきました。その中では市民そっちのけで議会の中で権力闘争的な動きがあるように受け止められた方が多いことを感じました。そう感じられるような活動があったことは反省し、これからはこれまで以上に市民の福祉向上を目的とした活動を行っていることを市民に感じてもらえるような議会にしていきたいと思います。

会派名は「柏盛(はくせい)クラブ」としました。会派長は私で、会計を三宮議員から務めてもらいます。二人の間では、会派拘束ということを設けたりせず、意見が分かれるようなことがあってもお互いの考え方を尊重していくことにしました。

今日の柏崎日報で報道されたように、柏崎市議会の会派は8つとなりました。最大会派は9人の所属ですが、それ以外は2~3人の所属議員です。なかなか大きな会派にまとまりきらず、これも市民の皆様からお叱りを受けるかもしれません。しかし、できるだけ市民から分かりやすい、そして市民の立場に立った活動をしていることを分かってもらえるような議会にしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

#会派

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。