お仕事体験塾 上越市議会女性フォーラム 町内納涼会

今日はいい日で、いくつもの催し物がありました。

午前中には毎年この時期に行われている「小学生お仕事体験塾」に行ってきました。昨年までは柏崎市議会として出店していましたが、今年は参加を見送りました。市議会としての仕事の実態を体験してもらうことが難しく、昨年までのメニューの見直しが必要ではないかという意見があり、今年は出店を見合わせました。ただ、今日会場に行ったら、市議会議員の体験がないことを残念に思っている子どもや保護者が少なからずいることを伝えられました。

毎年のことながら会場は子どもたちで一杯でした。相変わらずお菓子屋さんや美容師、調理師などは人気でしたし、弁護士や医師の体験もありました。天気もよく屋外では警察や消防署などの体験にも大勢参加していました。子どもたちにとってはこんな仕事もあるということを初めて知った職業もあったことだと思います。そしてどんな仕事にも一生懸命頑張っている大人がいるということも知ったことでしょう。今日の体験はそういう仕事があることを知ることを一つにねらいにしていると思います。今日をきっかけに将来の職業人としての自分を少しでも想像できたらいいと思いました。

スタッフの皆様、お疲れ様でした。

午後からは「上越市議会女性フォーラム」に参加しました。現在、上越市議会議員に女性議員は一人もいないとのことです。ここ何回かの選挙でも多くても2人しか誕生していなかったそうです。なかなか女性が議員となる風土が根付いていないのかもしれませんが、これではいろいろな視点から市政を見ていくことに限界があると感じているとのことでした。

柏崎市議会では前回は2人、今回は5人の女性議員がいます。この4月の選挙で女性議員の割合が倍増したとはいえ、まだまだ少ない現状です。柏崎市でも上越市議会の現状は他人事ではありません。女性でも政治に関われる環境の整備を進める必要があります。それが実現するまでは、今のメンバーでも女性や若者など様々な立場の方々の考えを市政につなげていけるように、一人一人の議員活動を充実させていけるといいと思います。

夕方からは所属町内の「納涼会」がありました。夕方5時開始ということで最初はまだ日差しも強く暑かったのですが、納涼会という言葉通りの感じになり、参加してくださった皆様も楽しんでいたと思います。今年はキッチンカーを呼び、バングラディッシュカレーを販売しました。

櫻井市長も来てくださり、ごあいさつをいただきました。市長としてはこの夏場は普段以上に多くのイベントへの参加が重なっていると思いますが、時間をやりくりしてください、参加してもらえました。ありがとうございました。

近隣の町内の方々も参加してくださいました。こういうイベントを通して、顔が見れる関係を広げていけるといざという時、災害時などの時でも適切な対応ができると思います。今年になり町内ではいろいろなことが起こり、その対応に難しさを感じたこともありました。そういう時にもお互いの顔を見ながら話を進めていくと問題も大きくならずに済むことを実感しました。普段からの良好な関係性がいかに大切かを感じていますので、これからも暮らしやすい町内を住民皆さんの協力のもと実現できればいいと思っています。

参加してくださった皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。

#お仕事体験塾 #納涼会

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。