文教厚生常任委員会協議会 生涯現役促進セミナー 橋下徹講演会 など

今日は午前中から日程が混んでいました。これほどいろいろなことがある日はめったにありません。

 9:00 文教厚生常任委員会・・・比角保育園の民営化についての説明

10:00 議会運営委員会・・・傍聴議員として参加、次年度の議会費等の予算要望について

11:20 会派代表会議・・・選挙管理委員の選考について

13:30 シルバー人材センター主催の講演会・・・生涯現役促進セミナー

15:00 中央コミセン役員会・・・定例役員会

19:00 橋下徹講演会

文教厚生常任委員会協議会では、比角保育園の民営化についての説明を受けました。柏崎市では、公共施設等総合管理計画や柏崎市保育園整備基本計画のもと、今ある公立保育園を民営化していこうとしています。今進めているのは、比角保育園と田尻保育園です。まず、令和4年の4月に民営化して動き出そうとしているのが比角保育園です。

今日の議会への説明会の後、地域の町内会への説明、現在比角保育園に通っている保護者に対しての説明会を行うとのことです。そこでの説明はあくまで民営化をスケジュールに沿って進めていく、という説明であり、民営化の是非を伺うための説明会ではないとのことです。公営だったものが民営化することによってのサービス低下があってはいけませんので、そこだけは念を押しました。

午後からのシルバー人材センター主催の生涯現役促進セミナーは、新潟県労働衛生医学協会の大西金吾専務理事からの講演でした。越後のきみまろ、と言われるほどのことはあり、面白い話の中に大切なことをちりばめ、飽きさせない70分でした。

・生きがいとは何かとして、生きがいは「働きがい(仕事)」「やりがい(趣味活動・地域活動)」「居がい(家庭)」である。

・免疫力アップの10か条とは、「感動」「笑う」「食生活」「運動」「友人」「小金」「生きがい」「楽しいことを考えて実行する」「休む」「愛」です。

講師の大西様、ありがとうございました。

また、柏崎市のシルバー人材センターは全国のシルバー人材センターの5本の指に入るほど素晴らしい活動をしています。もっとシルバー人材センターの活動に注目していきたいと思います。

その後、橋下徹氏の講演会がありました。現在50歳の橋下さんですが、38歳の時に大阪府知事になり、その後大阪市長になり、大阪都構想を打ち上げ、大阪を大きく変えた政治家です。と言っても、今は政治家ではありません。

・35歳から45歳までの期間が最も働ける重要な期間。

・人口減少社会になることは分かり切っていた。これからは他地域からどれだけ人をもってくるかが勝負。

・大型の商業原発はもう建設することはできないが、小型原発を開発していくことは必要だと考える。

・ブルーオーシャンのことに取り組むことで人を呼び込むことができる。

・大阪にカジノ(IR)をもってくることを推進した。10年かかって住民に話をしてきたので、今は大阪府民の6割はカジノに賛成。

・原発のごみ、使用済み核燃料の最終処分場が決まっていない。大阪にその処分場をもってくる考えがある。

・今まで不可能だと思われたこと、前例踏襲としてやってはいけないとされていたこと、例えば大阪城公園の芝生のところでモトクロスの大会をやったり、大阪城のお堀でトライアスロン大会をやったり、公道を使ってF1を走らせたり、してきた。それで大阪が元気になった面もある。

など、ご自身が実際にやってきたことを例に挙げて、柏崎も他地域より1歩や2歩ではなく1000歩、10000歩前に出るような取り組みをするべきではないか、と熱く語ってくれました。他がやっていないことをブルーオーシャンというようですので、そういう部門では競争相手がないのだから、一躍その方面の第一人者になれ、全国から注目される、ということです。

すべて、橋下さんの考えと私の考えが一致するわけではなく、逆に多くの面で意見が違っていましたので、こういう考えをする人もいるのだということがわかり、面白く話を聞くことができました。

講師の橋下様、ありがとうございました。

#シルバー人材 #橋下徹

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。

Copyright©2017 柏崎市議会議員 重野正毅 公式ホームページ All Rights Reserved.